お歳暮で気をつけたいマナーとルール

年末年始、お世話になった人に対して感謝の意を込めて贈るお歳暮には1年のその人との気持ちのやり取りの全てが凝縮されていると言っても過言ではありません。

それだけに贈られる相手に失礼のないようなマナーとルールには気をつけたいものです。まず、お歳暮として適切なのかどうか意見が分かれるのは肉、肴などの生鮮食品で、冷凍でない物は相手の方が旅行などで長期間不在の場合には適切ではありません。

もらう人が好物だとしても、その家族にアレルギーがある食品は適切ではないでしょう。

相手が好きな物であっても、相手の人の家族全体のことを考えてお歳暮を贈ることが無難です。



本人は喜ぶだろうということがわかっていても、医療上の問題から禁酒、節酒を言い渡されている人にお酒は贈ることは控えるべきです。
それではお歳暮として何が適切なのかということについて考えてみます。

小さな子供がいるご家庭では、甘いもの、お菓子は喜ばれます。



また、果物詰合せも適切でしょう。
食品であれば、夕食のおかずになって、普段は家庭でなかなか購入食卓に上がることがない、高級食材で保存ができるものは喜ばれます。

最近の冷凍技術は発展進歩していることから、冷凍でも美味しい肉や魚が食べられます。



それほどクセがない魚の干物も日持ちがしますし、高級魚の干物は珍しいので、喜ばれるでしょう。

お歳暮のルールとマナーは、実はその家庭の個別性を重んじて、その家庭のルールを理解することから始まります。
お世話になった方々の様々な事情を斟酌して贈ることが失礼がないマナーになるのです。