お歳暮のマナーについて

お歳暮は、感謝の気持ちを込めて日頃お世話になっている人に品物を贈りますが、いくつかの知っておきたいマナーがあります。

正式なお歳暮の渡し方としては、相手方の家に持参することですが、現在では宅配便で贈るのが一般的になっています。



そして贈る時期は、早すぎたり遅すぎるという失敗をしてしまう場合が多いです。

年末の忙しい時期に届くと迷惑をかけてしまうので、地域によって差はありますが、11月下旬から12月20日くらいまでに届くように手配することが望ましいとされています。
もし、年内に届かないという場合は、表書きを御年賀にし、関東地方では松の内までで、関西地方は15日までに贈ります。

その場合は、先方にお詫びして年明けに電話か手紙で贈ることを伝えるのがマナーです。

さらに、お歳暮を遅れずに贈るためには、早めに誰に贈るのかを明確にしておくことが必要になります。

自分が普段お世話になっている人に贈るのが基本ですが、両親や親戚、勤務先の上司の他、友人や会社の同僚などに贈るという人も増えています。

贈る相手が決まった後は品物を選びますが、相手のことを考えてその人の家族構成や趣味嗜好に合うものを贈るのが基本だとされています。


例えば、夫婦2人暮らしの場合は、分量の多い生鮮食品を贈るのは避けた方が良いです。もし、品物選びに困ったときは、ギフト券や商品券、コーヒーやお菓子などの日持ちのするものを贈るのが無難です。



それから、お歳暮を贈ることをやめたいと考えている場合は、最後に贈る際に今年は贈らないということを説明し、手紙で今までのお礼を述べるなど配慮する必要があります。


お歳暮のマナーは、相手を思いやるという気持ちが大事なので、日頃の感謝をきちんと相手に伝えて贈るのを心がけることが望ましいです。