お歳暮にはどのようなものを贈ればいいの?

お歳暮とは年末にこの1年お世話になった人へ感謝の気持ちを込めて贈り物を贈る、日本で古くから行われてきた習慣のことです。お歳暮を贈る相手としては、一般的には親戚や勤め先の上司、取引先などが多いです。



歳暮とは字の通り歳の暮れのことを指し、東日本では11月下旬から12月20日前後、西日本では12月13日から20日前後に行われます。

同じような習慣に夏に行われるお中元がありますが、一年の締めくくりであるお歳暮のほうが重視される傾向があり、お中元よりも高めの品を贈ることがマナーとなっています。



贈り物の値段としては、あまり高いものを贈ると相手に気を遣わせてしまうので、3000円から5000円程度が相場となっています。
以前は直接相手の家に出向いて贈り物を渡していましたが、近年ではデパートやカタログで品物を注文し、相手に届けてもらうケースが多くなっています。

贈り物には冬の時期なので、鍋の材料になるかにやふぐなどの海産物、お正月に大人数で食べることができるような肉類やハムなどが人気です。

他にはビールやジュース、フルーツ、焼き菓子や各地のご当地グルメの取り寄せ、商品券などが多いようです。



贈り物を選ぶ際には、相手の好みや家族構成を考慮して選ぶことが大切です。


また事前に相手の予定を確認し、お歳暮を受け取れる日時などに気を配って贈ることも重要です。
贈りものだけでなく、1年の感謝の気持ちを伝えるために相手のことを思いやる気持ちを込めてお歳暮を贈りましょう。