お歳暮に送られて嬉しいものとは

秋が深まり、百貨店やスーパーなどではお歳暮の早期受付や特設コーナーがそろそろ準備される時期になってきました。


自分の好みで贈るのも良いですが、贈る方の年齢、相手の方との関係性などを第一に考えてお歳暮を選ぶ事がマナーとされています。

お歳暮の贈る時期は一般的に12月上旬から31日までとされていますが、年末年始を海外で過ごされたり、帰省などでいない場合も考慮すると20日くらいまでに相手へ届く事が良いとされています。



特に日持ちのしない物、生菓子、果物や肉・魚等に関しては相手方の予定をある程度把握している場合にはよいですが、贈る側の考えだけでおくるのはかえって失礼になってしまう事もあるので要注意です。



お歳暮の中身として高い人気を誇っているのが商品券・金券・カタログギフトです。

これは、相手の好みや予定が分からない場合にはおすすめのギフトです。

こちらの嗜好を押し付けることなく感謝の気持ちを伝える事ができ、相手の都合のよい時に活用してもらえるため困った時には大変よいでしょう。

また、賞味期限の長いビールやお酒、加工品、乾物、缶詰もおすすめです。


少し洒落の分かる相手への贈り物の場合は、今年の流行りの物を贈るのも気持ちが伝わる事でしょう。



お歳暮は一年の感謝の気持ちをつたえる大切な行事です。

相手を想う心をつたえるのが本来の意味なので、贈るものに困った時は、華美になりすぎずシンプルなものを選ぶと良いでしょう。