時代とともにお歳暮の内容も変わりました

お歳暮と、聞くと日本における年末の風物詩という印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。

お歳暮のやりとりは親戚付き合いの典型的なもので、年の瀬が近づいてくると親戚筋から高価な食べ物類が届き、家族みんなで普段は味わえないような食べ物にありつける。


しかし、貰ってばかりではいけないので、何をお返ししたらよいか悩んでしまう、予算はどの程度か、返礼は何としても年内には返さないといけない、そんな経験をした方も多いのではないでしょうか。

社会人となって企業で働くようになりますと、また違った意味でお歳暮との付き合いが始まります。
事業所に勤務していれば取引先からお歳暮と称して品物を貰ったり、郵送で送られてきたりします。個人的に貰った品物ではないので、あとで事業所に勤めるみんなで分け合ったりした経験をお持ちの方も多いと思います。

また忘れてならないのは、上司・部下の関係構築のためにお歳暮を贈る風習があることです。



日本のサラリーマン文化においては上司に対して贈らないよりは贈ったほうがよく、品物の内容によっては出世のスピードに影響があるのかも知れません。

現代においてはカタログ式で、自身が好きで欲しいものを選ぶケースも増えてきています。



せっかく高価な食べ物を貰ってもあまり口に合わない食べ物をもらったりして困った経験をお持ちの方も少なくはないと思います。



カタログ方式では食べ物だけでなく欲しい小物を選べたりできますから貰ったほうも嬉しい気持ちになるので今後はカタログ式が増えていくのではないでしょうか。